トップページ > 選び方

白髪染めの上手な選び方

白髪染めの選び方のポイントは、自分の髪質や肌質に沿って選ぶことです。

白髪染めの種類は多種多様にありますが、同様に個人の髪質や肌質も千差万別なので、万人にぴったり合う白髪染めというものは事実上存在しません。

白髪染めは髪質によって染まり具合が大きく異なるほか、肌質によってはアレルギーなどを起こす可能性もあるため、まずは自分の髪質・肌質を基準に慎重に選ぶようにしましょう

その後、自分にとって使いやすい形状の白髪染めを選べば、自分にぴったりの白髪染めを探し当てることができます。

ここでは白髪染めの選び方の基準を紹介します。

髪質で選ぶ

人の髪質は一定ではなく、個人によって細い・柔らかい・太い・硬いなどの違いがあります。

このうち、太くて硬い髪は染まりにくく、細くて柔らかい髪は染まりやすい傾向にあるため、白髪染めの色を間違えると、ほとんど染まらなかったり、あるいは明るく染まりすぎる場合があります。

そのため、太くて硬い髪はワントーン明るめの色を、細くて柔らかい髪は希望通りの色を選ぶようにしましょう。

肌質で選ぶ

髪質同様、人には乾燥肌・普通肌・脂性肌・敏感肌など、さまざまな肌質があります。

白髪染めは髪を染毛するためのアイテムですが、使用の際、どうしても頭皮に染料がかかります。

白髪染めは刺激が強いので、敏感肌やアレルギー肌の方が使用すると、頭皮がかぶれたり炎症を起こしたりする場合があります。

特にアレルギーを持っている方は、特定の成分に対して非常に強いアレルギー症状を起こす可能性があるので、白髪染めを購入する際は必ず成分表示を確認し、刺激性のある成分の有無を確認しておきましょう。

使いやすさで選ぶ

白髪染めのバリエーションは実に豊富であり、液状タイプやクリームタイプ、泡タイプなどの形状の違いのほか、薬剤の作り方や使い方に違いがあるものも存在します。

使い心地や使いやすさの好みは人それぞれなので一概にどれがいいとは言えませんが、一般的に、伸びが良くて液だれしやすい液状タイプは頭髪全体を染める場合に適しており、液ダレしにくいクリームタイプは生え際などの部分染めに適しています。

また、泡タイプは薬剤を均一に行き渡らせることができるため、色ムラなく染めることができます。

他にも、1剤と2剤を混ぜずにそのまま使えるタイプのものや、手袋を使わず、素手で染められるものなど、さまざまなタイプが販売されています。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com