トップページ > リタッチ

生え際を効率よく染めるには?

白髪染めで頭部全体を染めると、しばらくの間はきれいな染め上がりを維持することができますが、やがて新しく伸びてきた生え際部分の白髪が気になってきます。

しかし、白髪染めは髪や肌へのダメージを抑えるために最低でも2~3ヶ月の使用間隔をあけなければなりません。

また、生え際の白髪のために毎回全体染めをしていると、白髪染めを繰り返した髪や頭皮が傷み、パサつきや炎症を引き起こしてしまいます。

では、伸びてきた生え際部分を効率的に染めるにはどうしたらよいのでしょうか。

生え際の白髪染めはリタッチで

新しく伸びてきた生え際部分を染めるには、髪の根元だけを効率よく染めるリタッチがおすすめです。

リタッチは、通常の白髪染めの手順とは異なり、新しく伸びた生え際部分を最初に染めていく方法です。生え際部分に染料を塗り、規定の時間放置した後、他の部分にも染料を伸ばしてから洗い流します。

こうすることで、伸びてきた部分と他の部分の色ムラもなく、均一に染め上げることができます。

リタッチのメリットは、伸びてきた生え際部分だけを重点的に染めることで、他の部分へのダメージを最小限に抑えられること。

リタッチを上手に活用すれば、髪や頭皮に無駄な負担をかけず、きれいな仕上がりを維持することができます。

一時染めの活用も有効

生え際部分を一時的にカバーするのなら、リタッチの他にも一時染めを活用する方法もあります。

一時染めは生え際部分にスティックやスプレーで色をつけるだけなので、リタッチよりもさらに手軽に白髪をカバーすることができます。

ただ、シャンプーで簡単に落ちてしまうので、今すぐ生え際の白髪を隠したい方や、リタッチする時間もないという方のための応急処置アイテムと言えるでしょう。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com