トップページ > パッチテスト

白髪染めの前には必ずパッチテストを

白髪染めは薬剤なので、アレルギーを持つ方が使用すると皮膚のかゆみや湿疹、かぶれ、目の痛みや咳などのアレルギー症状を引き起こすおそれがあります。

そのため、白髪染めを行う前には、必ず『パッチテスト』を行う必要があります。

パッチテストとは、腕の内側などに薬剤をつけてアレルギー反応の有無を診断する皮膚テストのことで、白髪染めによるアレルギー症状の発生を予防するために欠かせない重要な試験となっています。

パッチテストは白髪染めの48時間前から行わなければならないので、面倒だからと実施しないケースも目立ちますが、一度アレルギー症状が起きると、最悪の場合、呼吸困難などの重い症状に発展する場合もあるので、パッチテストは毎回必ず行いましょう。

パッチテストの手順

1.薬剤を混ぜ合わせる

パッチテストは、白髪染めを行う48時間以上前に行います。

まず、1剤と2剤から取扱い説明書に記載されている通りの量を取り、小皿などでよく混ぜ合わせてテスト用の染料を作ります。

2.テスト剤を付ける

次に、綿棒などでテスト剤を少量取り、腕の内側に薄く塗りつけます

塗る範囲はコイン大くらいの大きさが目安です。

3.自然乾燥させて観察する

テスト剤を塗ったら、そのまま自然乾燥させます。

通常、数分程度で塗布部分が乾きますが、30分経っても完全に乾かなかった場合は、ティッシュなどで軽くおさえて余分な染料を拭き取りましょう。

あとはこのまま48時間放置するだけです。

肌チェックは塗布後30分と48時間経過後の2回行いますが、それ以外の時でも時々異常があらわれていないかチェックしましょう。

もし、48時間以内に赤みや腫れなどの異常が起きた場合は、パッチテストを中断してすぐに塗布部分を洗い流し、その白髪染めは使用しないようにしましょう。

パッチテストは毎回行いましょう

白髪染めによるアレルギー症状は、もともとの体質の他に、その日の体調によっても左右されます

そのため、以前はパッチテストをクリアした白髪染めでも、2回目に使用した時にはアレルギー症状が起こる場合があります。

パッチテストは使用経験の有無にかかわらず、必ず毎回行い、アレルギーによる症状の発生をしっかり予防しましょう。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com