トップページ > 種類

白髪染めの種類は全部で3つ

白髪染めには、大きくわけて『ヘアカラー』『ヘアマニキュア』『一時染め』の3つの種類 があります。

これらの違いは染毛力の度合いにあり、染毛力の強さの順から ヘアカラー、ヘアマニキュア、一時染めとなっています。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、自分に合ったタイプの白髪染めを選ぶようにしましょう。

ヘアカラー

強力な染毛力を持つ酸化染毛剤で白髪を染めるタイプです。

染毛剤に含まれるアルカリ剤が髪の表面のキューティクルを開き、髪のメラニン色素を脱色させるとともに、髪の内部に染料をしっかり染みこませます。

髪の内部にまで染料を浸透させるので、非常に染毛力が強く、一度のカラーリングでしっかり白髪を染めることができます。

ただし、そのぶん髪や頭皮への負担が大きく、使い続けると髪のパサつきやきしみを感じることもあります。

白髪をしっかり染めたい方や色を長持ちさせたい方、髪色をきちんと変えたい方におすすめです。

ヘアマニキュア

髪の内部を染め上げるヘアカラーとは異なり、髪の表面に染料を吸着させて染め上げるタイプです。

髪の表面に色をつけるだけなのでヘアカラーほど髪や頭皮が傷まないほか、コーティング作用によって髪にツヤを出すことができます。

ただ、ヘアカラーに比べて染毛力が弱く、色もあまり長持ちしないという欠点があります。

髪の傷みが気になる方や、気軽に白髪を染めたい方、白髪染めでアレルギーを起こした方におすすめです。

一時染め

ヘアカラーやヘアマニキュアが『髪を染める』タイプであるのに対し、一時染めは白髪の表面に色を塗って目立たなくさせるアイテムです。

染めるのではなく、単に色をつけるだけなので、シャンプーをすれば簡単に色を落とすことができます。

ヘアマニキュアよりもさらに髪や頭皮に負担をかけずに色をつけることができますが、たった1日しか持たないので、急に白髪を染めなければならなくなった時や、次の白髪染めまでのつなぎとして使用するのが一般的です。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com